対岸の火事じゃないぞ。

kyon

プリンも好きですがヨーグルトのほうが好きなkyonです。

 

さてさて、頭プッチンプーチンが戦争を始めてしまいまして、

今日は原発を制圧とか、連日怖いニュースが続いてます。

 

面積で言うと日本よりも広大な国土のウクライナで、

開戦からわずか数日で首都にミサイルが飛んでくる。

どんだけ怖いことか想像できますか?

 

 

距離こそ離れていますが、まったくもって対岸の火事ではございません。

日本とウクライナでは人種も歴史も全然違いますが、

・厄介な国がお隣

・核兵器もってない

・原発はある

なんてところで共通点もたくさん。

そんな中で一番怖いのが、「自国内に(仮想)敵国民のコミュニティがある」ということ。

今回のロシア側の開戦理由のひとつに

「ウクライナ内の親ロシア派地域住民の安全を確保するため」というのがありますが、

そんな理由で戦争始めちゃっていいんだ、という前例を作ってしまった。

ただの建前なんだろうけど、とにもかくにもロシア側としては

「侵略じゃないよ〜、同胞を守るためなんだも〜ん。」という大義名分をつかえちゃう。

 

で、もちろん日本で言えば仮想敵国は中国。

世界でも軍を抜いてお花畑脳な日本は徹底的に国防を怠り、弱体化。

中国艦船が領海侵入したって遺憾砲を打つのみ。しかも、

金に目がくらんだ日本は、つい最近までなんの規制もかけずに中国人含め外資に土地を叩き売る始末。

素人が考えても「国防上やばくない?」って思うような自衛隊基地周辺や水源地なんかもバンバン売る。まさに売国。

この中国人達が「日本人に迫害された! 助けて!」と言えば、日本に人民解放軍を送り込む理由になっちゃう。

 

知ってました? 中国人は日本の土地を買えるけど、中国の土地を日本人が買うことはできないんです。

というか、中国人ですら土地を買うことはできず、買えるのは土地の使用権のみ。

土地は国のものだから、人民が所有することはできないんだそうで。

それだけ国土が国防上大事だって分かってるから国策的に海外の土地を買う。

 

さらに! 中国には「国防動員法」というトンデモない法律があるそうで、

中国共産党が「有事だ!」といえば、中国のあらゆる組織の人・モノ・カネの徴用が合法化されて、

あらゆるものが中国の管理下におかれます。

政府の命令があれば中国人民は諜報活動や破壊活動、その他中国の為のあらゆる活動に従事しなければなりません。

それは国外に住んでいる中国人にも適用され、背いた場合は罰則規定があります。

 

現在日本には77万人以上の在日中国人がいます。

この人達がある日突然敵兵になったら….。

もちろん日本で生活してる人たちだから、自分たちの生活を壊したくもないだろうし、

基本的には日本が好きだから日本にいるんだろうし、全員が全員豹変するってことはないんだろうけど、

国防ってのは常に最悪を想定しておかなければ意味がない。

ちなみに自衛隊員は15万人以下。

そもそもの軍事費が文字通り桁違いな上に、国内に潜在敵兵が77万人。

こんなもん、いつ侵略されてもおかしくないでしょ?

 

ちゃんと考えよう。

enjoy crative member

enjoy! crative!

外観

株式会社バンブーデザイン アクセス ACCESS

株式会社バンブーデザイン

〒791-3152
愛媛県伊予郡松前町永田515-1
TEL.089.948.9166 FAX.089-948-9267
Copyright © Studio BAMBOO Design, All Rights Reserved.