死に至る病、そして

kyon

改めて家づくりにかかるトータル金額を計算して震えが止まらないkyonです。

 

タイトルから某アニメや小説の話かと思ったみなさま、

すみません、全然違う話です。(笑)

 

こないだマダニに咬まれてから1ヶ月以上経ちました。

さすがにもう感染症の心配はなさそうです。

とはいえ、マダニが媒介する病気には

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)っていう

マジで死に至る病もあります。

これから特に薄着で過ごす季節です。気をつけましょう!

 

さて、上記のトータル金額の項目の中で1番震えたのが「消費税」でした。

ただでさえウッドショックで高くなっている金額に、

「あ、金額増えたんだ。タイヘンだねー。うん、もっと払え。」てなもんです。

外道。鬼。鬼畜。ダニ。

いつの間にかくっついて、税金という血をチューチュー吸って肥太る。

まさに、ダニ。ダニ務省。(アイキャッチはケケナカですが)

そのダニ務省が、「緊縮ウィルス」を感染者である新聞社や

メディアを通じ撒き散らしております。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA105OW0Q2A510C2000000/

 

この、”税収で返済しなければいけない国の長期債務残高”という

表記は今まで無かったのに、各社一斉にこの書き方に。

なぜか? それは財務省が書いたペーパーをそのまま報道してるから。

要するに彼らが言いたいのは、

「タイヘンタイヘン! ザイセイハタンしちゃうよ!

だから予算はカットね! え? 防衛費をあげたいの? いいけど

じゃあどこの予算削るの? それとももっと税金払いたいの?

ということ。

日本全体がコロナ禍やウクライナ問題の影響で

悲鳴を上げているときに、平気でそういうことをやってくる。

 

しかも、奴らは財政破綻なんかしない事を分かってやってる。

(1)日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。

これは、日本国債を格下げした海外の格付け会社に向け

財務省が公式に発表した文書。

https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm

(今も掲載されてます。)

 

とか、

https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/guide/

「財政破綻するぞ!」といいながら一方では

「元本割れしないから安心!」という見事な二枚舌。

 

緊縮の為なら国民が苦しもうが外国に侵略されようが

平気で嘘やダブルスタンダードなことを言う。

要は国民をバカにしてるんですわ。

「あいつら適当なこと言ってもどーせ分からんからw

それよりも増税して出世だーwww」と。

 

でも、確かにこのままみんなが勉強しないと

ホントのホントにこの国は死に至っちゃう。

 

だから少しずつでも調べ、勉強しないと。

外国様に頼るのは悲しい話だけど、

グローバルスタンダードなんて言葉は嫌いだけど、

世界の常識から日本は完全に遅れてるってことを

気づかんとね。

https://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10319762/www.mof.go.jp/about_mof/councils/gov_debt_management/proceedings/material/d20150417-4-2.pdf.pdf

「国債の償還」のとこ、読んでみてね。

ホント日本って何やってんだろ。ヤバいね。

でも何が一番ヤバいかって、この資料の出典元、なんと財務省!

やっぱ分かってやってんじゃねーか!

enjoy crative member

enjoy! crative!

外観

株式会社バンブーデザイン アクセス ACCESS

株式会社バンブーデザイン

〒791-3152
愛媛県伊予郡松前町永田515-1
TEL.089.948.9166 FAX.089-948-9267
Copyright © Studio BAMBOO Design, All Rights Reserved.