大いなる遺産

hasegawa

もう休刊しちゃったかと思いますが「ワンダー JAPAN」という雑誌がありまして…
京都在住時代、好事家な友人達と愛読してました。
そこで紹介されている産業遺産を見て回ることに憧れてはいたものの、学生時代や駆け出し社会人の頃は長期休暇もお金もなかったので行けず。
2014年のGWに思い立って、大学時代の友人達と産業遺産の総本山・九州へ。その時の記憶を再構築して書いてみます。
2泊3日しかない旅程だったため、行き先は結構偏ってます。

そもそも「産業遺産」って何やねん?って話。
ある時代に人の手で作られ、その地域の産業を現代に伝える遺物・遺構・遺跡のことです。
概ね廃墟であることが多いですが、ここでは稼働しているものも含めて産業遺産として紹介します。
愛媛の方に馴染みが深い産業遺産は「東洋のマチュピチュ」東平の別子銅山ではないでしょうか。

➀福岡県志免町 / 大野城市:旧志免鉱業所(きゅうしめこうぎょうしょ)+鏝絵美術館(こてえびじゅつかん)
友人たっての希望で訪れた志免鉱業所。
周りは結構な住宅街だったりで、いきなり現れる異質な建造物にギョッとなるかも笑
感想は…広場に変なカタチの塔が建ってるだけっス。

この塔が何かというと、炭鉱用の巨大なエレベーターって感じでしょうか。
大量の石炭や炭鉱夫を運ぶためにつくられたものらしい。
広場は普通に公園っぽい雰囲気になっていて、フリスビーしてる少年&犬とかもいて…微笑ましいながらも若干興醒めです笑

ここで志免町のお隣、大野城市に寄り道。
全然産業遺産ちゃうけども「鏝絵美術館」とやらに。
(今後訪れる方のためにあえて、外観写真は無しにしておきます)
遠目からもヤバげな建物を発見。


アート…なのか?左官屋さんが鏝で描いた作品がずらりと並ぶ美術館。(民家)
作品点数がとんでもなく、かなりカオスな空間です。
旧志免鉱業所より楽しめる可能性があるので、もし興味のある方は訪れてみては?

②長崎県長崎市:端島(はしま)
言わずと知れた、云わば日本の産業遺産代表選手。
一般的には「軍艦島」の呼び名がポピュラーか。
コロナ禍以降がどうなのかは知らないが、年々知名度が上がり&建造物の老朽化が進んで、島に渡ることが難しくなりつつある産業遺産。

全盛期には映画館やパチンコ屋などもあり、ひとつの海上都市として機能していたらしい。
いまは流石に見る影もなかった。
実は周囲の島を繋ぐ坑道が網の目のように地下(というか海中)にある。というのが興味深い。
むしろそっちに入らせてくれ笑

当時、既に老朽化で島の大半のエリアには入れず…ベルトコンベアー式にガイドされるので、意外と慌ただしい。
なんかもうちょっとゆっくり見たかったな〜というのが正直な感想。
島に渡るガイド船、GWとか長期休暇だとめっっっっっちゃ並びます。待ちます。
カジュアルに「軍艦島行ったろww」くらいのテンションだと、間違いなく心折れます。

軍艦島を楽しんだ後は、美輪明宏や福山雅治など数々の有名人が愛するちゃんぽん屋「四海樓」がオススメ!
さざえさん一家も長崎旅行で訪れたという。などと、ベタなグルメ情報(誰でも知ってる)も紹介してみたり。

長崎市は、稲佐山から見る夜景もなかなかですな。

➂長崎県佐世保市:池島(いけしま)
産業遺産界のダークホース。
全体が(ほぼ)廃墟という、ダイナミックにさびれている島。
2001年に閉山した九州最後の炭鉱の島でもある。

軍艦島の陰に隠れて知名度はそれほど高くないが、僕としては大本命。
惜しむらくは佐世保が遠い。遠過ぎる。
小さな島だが、全盛期は5000人も島民がいたという。(聞けば、今も200名程度住んでいるらしい)
今でも営業している民宿があるようだが…諸事情(言えない)によりそこには宿泊していないので割愛。
銭湯は営業してたな。

ココの目玉は8階建ての「池島アパート群」
斜面に建てられているので、尾根側から見ると4階建てなのも面白い。
ほぼほぼ完全に廃墟なのに、一部、人が住んでいるというのも何かすごく不思議な雰囲気。
怖いの全然平気な僕ですが、夜は流石にちょっとブキミ。

事前に予約は必要だが「池島炭鉱さるく」が運営している「池島炭鉱探検ツアー」がめっちゃ良い。
島内の炭鉱施設を巡るオプションコースを加えても約¥3000とリーズナブル。(島に渡る料金が安いとは言っていない)
小さいトロッコ車に乗って、坑道の中に。
こういう場所って入る機会無いからね〜!非常に興味深いツアーなのでオススメです。

家族旅行やカップルにオススメできる場所ではないが、こういうの好きな人にはたまらない島やと思います。
…池島もう一回行きたいなぁ。

④長崎県佐世保市:針尾送信所(はりおそうしんじょ)

おいおいコレこち亀で何度も紹介された「千住のオバケ煙突」じゃねぇか!って思う方もいるかと思いますが(いない)
佐世保にある電波塔なんですねぇ〜。煙突にしか見えん笑


ところでここの景色、どう思います?
日本国内に限ればですが、人工物がある景色の中では屈指の絶景なんじゃないかな?って僕は思ってます。
国の重要文化財に指定されかけていたりもします。

この写真を撮った「新西海橋」もまた良いスポット。
通路がなんかカッコイイ笑
この橋の下にある海は、渦潮なんかもできちゃったりします。
是非お立ち寄りを!

いやしかし佐世保ってほんまに良い街。
巨大な造船所は超カッコ良いし、佐世保バーガーは美味しいし、九十九島は絶景やし、動植物園あるし。
ただしハウステンボスは…重課金しないと楽しめないのでオススメしません笑

…というわけで終わりです。
福岡と長崎しか行ってへんやんけ!って話ですよね笑
もっと他にも行きたい産業遺産あるので、今後行こうかな?と。

愛媛から車で行くなら、帰りは秋芳洞に寄っても良いかも。
陸路でしかも遠回りして帰るんかいっ!!って?まぁそれも旅の醍醐味や思いますよ!
船使うなら三津⇄周防大島ルートで、関門海峡越えて九州入りするのがオススメでっす。(旅情が高まるという意味で)

番外篇!徳島県阿南市:大菩薩峠(だいぼさつとうげ)

なんちゅう名前や笑

徳島県南東部の海岸線を走っていると、突如現れる古びた煉瓦造りの巨大建築。
古城?砦?洋館?ずっとここが何なのか気になっていた方もいるのではないでしょうか?
実は産業遺産でも何でもない、個人経営者のセルフビルドによる「喫茶店」です。
…喫茶店ですよ!?店内の雰囲気は…実際に行ってみてください笑

ちなみに、料理もコーヒーも結構美味しいです。
なかなか行かないエリアやとは思うのですが、近くに行った際には是非!

今回も思いっきり長くなってしもた…
産業遺産の旅、是非やってみてください〜

ほなまた!

ハセガワ

 

※ここで紹介している場所・施設の写真(大菩薩峠を除く)は、2014年当時のものです。
もしかすると今は取り壊されていたり、入れなくなっている可能性があります。
あしからず!

enjoy crative member

enjoy! crative!

外観

株式会社バンブーデザイン アクセス ACCESS

株式会社バンブーデザイン

〒791-3152
愛媛県伊予郡松前町永田515-1
TEL.089.948.9166 FAX.089-948-9267
【岡山スタジオ】
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元1-1-7 307
TEL. 086−362−7725
Copyright © Studio BAMBOO Design, All Rights Reserved.